aga治療3ヶ月目までに現れる変化は?治療開始後に多い症状をまとめてみた!

aga治療を始めたばかりの時期は、自分の症状がほかの人と比べてどうなのかが気になるかもしれませんね。効果の現れ方には個人差があるため、同じ治療を受けてもすべての人が同時に手ごたえを感じられるとは限りません。

今回は、治療を開始して1カ月目から3カ月目に現れやすい変化や症状を中心に、aga治療についてまとめてみました。

薄毛が改善しないのは薬の耐性が原因?aga治療の効果がないときに考えられる4つの原因

3カ月目までに多くの男性が遭遇する「初期脱毛」

aga治療を始めて3カ月目までの男性に多く見られるのが、初期脱毛です。初期脱毛は、agaの治療薬などを飲んだことで一時的に抜け毛が増える症状です。

髪を増やすために治療を始めたにもかかわらず、抜け毛の量が増えると不安に襲われる人もいるかもしれませんね。ただ、この初期脱毛は、治療の効果が出始めたことを示す兆候として考えられています。それまで停滞していた毛周期のサイクルが薬の効果で活性化されると、毛根が正常な髪を作る準備を始めます。

発毛の準備が始まり、agaの影響でダメージを受けていた毛が一時的に抜け落ちるのが初期脱毛のメカニズムです。初期脱毛の症状は、治療を始めて1カ月から3カ月目ぐらいまでに現れることが多いです。ポロポロと髪が抜け落ち始めたときには、一度抜けた自分の毛をよく観察してみるとよいかもしれません。

agaの影響を受けている髪は、健康な髪よりも細くもろい毛質をしているのが一般的です。毛を引っ張ったときにすぐに切れてしまうようであれば、薬が効き始めたことによる初期脱毛の可能性が高いです。初期脱毛は一時的な症状であるため、ひと通り毛が抜け落ちてしまえば通常は脱毛がおさまります。

「多毛や男性機能の低下」も治療開始後に多い症状

aga治療を開始してから3カ月目までは、薬の副作用に悩まされる人も少なくありません。agaの治療で用いられる薬は、多毛や男性機能の低下などの副作用がともなうことがあります。多毛の症状が現れた場合、指の毛や眉毛などがそれまでよりも太くなったり、増えたりすることがあるようです。

性欲減退などの男性機能の低下も、agaの治療を開始した人に多い症状です。このような症状も薬の作用が出ているひとつの兆候ですが、髪に変化が見られない段階ではつい不安になってしまう人もいるでしょう。心配なことがあるときは、診察のときに医師に相談するのが良い方法です。

aga治療の診察では、髪の状態だけでなく全身状態のチェックもおこなわれます。薬の効果がきちんと現れているかどうかや、副作用の有無を医師が調べるケースが多く、検査結果などを考慮して以後の治療方針が決定されます。

自分の髪や健康状態に問題がないかどうかを知るうえでも、治療開始後の診察は欠かさないのがベストです。

3カ月たつと発毛効果を実感する人が多い

治療の手ごたえを徐々に実感する人が出てくるのが、aga治療を始めてから3カ月目の時期です。この時期になると、薄毛になっている場所にうっすらと毛が生えてくるケースが多いです。

人によっては、治療を開始してから2カ月目ぐらいにすでに産毛が生えてくる場合もあります。3カ月目に入ると、当初とはだいぶ状態が変わっている人もいるかもしれませんね。まだ弱々しい産毛であっても、新しい毛が生えてくれば自分でもaga治療に希望が持てます。

3カ月目以降は少しずつ毛量が増えていく場合が多いため、治療のモチベーションもアップするでしょう。3カ月目に少し注意をしたいのが、効果が出たのに安心して、本人が治療を勝手にやめてしまうパターンです。agaの治療薬は、継続して服用しないと効果が期待できません。

一時的に毛が生えてきても、薬を飲むのをやめるとまた元の状態に戻ってしまう可能性があります。手ごたえを感じたときには、体調を整えたり頭皮のケアに気を配ったりして、発毛を促すような工夫をしてみましょう。

3カ月たっても効果が感じられない場合

3カ月目に入っても一向にaga治療の効果が感じられないときは、自分が受けている治療が正しいかどうかを考えてみるのもひとつの選択です。

担当医に治療や症状について相談したり、口コミで評判のよい専門病院を探してカウンセリングを受けたりすれば、適切な治療かどうかがある程度判断できるかもしれません。agaは一般の皮膚科などでも診察がおこなわれているケースがありますが、治療方法は医療機関によって異なります。

専門病院では、agaに詳しい専門医が治療を担当するのが一般的で、治療法にもバリエーションがあるケースが多いです。いろいろな選択肢から自分に合った治療が選べれば、より早く効果が実感できる可能性もでてくるでしょう。

3カ月目はaga治療でポジティブな変化が見られやすい時期ですが、なかにはもう少したってから効果が現れてくる人もいます。病院を変えたくないときには、しばらく気長に待ってみる方法もあります。治療の効果は半年たってから現れる場合もあるため、病院を変えたくないときは医師の処方通りに薬を飲んで様子を見てみましょう。

aga治療は早く始めたほうが手ごたえが得やすい

aga治療の効果がどのくらいで実感できるかは、治療を始めたタイミングによっても多少変わってきます。早く手ごたえを得たいときは、できるだけ早い段階で治療を開始するのが得策です。agaが進行している人は薄毛になっている部分が広いため、短期間で治療の手ごたえを実感するのが難しい場合があります。

このような人は治療期間が長引くことから、薬の副作用にも少し注意が必要になってきます。抜け毛が気になり始めた段階で思い切って治療を開始すれば、agaが進行するのを食い止められる可能性があるでしょう。

agaの相談や治療には気軽にトライできる

自分がagaかどうかわからないときは、専門病院で無料のカウンセリングを受けたり、オンラインの診察サービスを利用したりするのもひとつのアプローチです。無料で利用ができるカウンセリングなら、「agaかもしれない」などのちょっとした心配があるときにすぐに相談ができます。

また、一部の病院がおこなっているオンラインでの診察サービスも、忙しい男性にとって便利なアプローチです。この手のサービスは、自宅にいながらにして医師の診察が受けられるのがメリットと言えます。診察のために病院に出向く必要がないため、医師や病院のスタッフとじかに顔を合わせるのが苦手な人でも利用がしやすいです。

また、医師が処方した薬を郵送で送ってくれる病院もあり、aga治療はグンと身近になっています。状態を悪化させないためにも、気になる症状がある場合は早めに対策を考えたいところです。